気仙沼復興プロジェクトfrom銀座

銀座で「気仙沼」発信!

東日本復興応援プロジェクトfrom銀座閉店しました。

2011年10月7日から来年の夏まで、東京の銀座で、
「気仙沼復興プロジェクトfrom銀座」が東急不動産社のテナントビルの
銀座TSビルの1、2階に展示・販売スペースを設けて行われます。

★ ここから 「三陸新報」の記事を引用します。

気仙沼商工会議所(白井賢志会頭)などによる
「気仙沼復興プロジェクトfrom銀座」
10月7日、
東京銀座のテナントビルでオープンする。

来年8月までの期間中、気仙沼の物産や水産加工品の販売、写真展など、
さまざまなイベントを展開し、復興を目指して気仙沼の情報を発信していく。

「気仙沼復興プロジェクトfrom銀座」プロジェクトは、
東京の東急不動産による震災復興支援活動の一環。

東急不動産社の銀座TSビルの1、2階に展示・販売スペースを設ける。

10月7日当日は、
午前11時からの開業セレモニーの後、午後2時から一般開放される。

オープニングイペントとして8日はつみれ汁、9日はフカヒレスープ、
10日はマクロ丼が各500食振る舞われる。

2階は気仙沼の物産販売と気仙沼の食材を使った食堂(11月3日以降)もある。

震災時などの映像を放映し、地場産品の販路拡大を目指す。

気仙沼からは約30店舗が参加し、海産物や菓子、食品、雑貨などが出品される。

2階は震災の写真展や市内の避難所などに寄せられた応援メッセージなどを展示する。

初回の写真展は「三陸新報社展」。

震災時に記者らが撮影した未公開の写真パネル36点を展示する。

このほか、気仙沼市に地蔵菩薩像を安置する堂を建立する予定の
俳優・浦田栄さん制作の仏像の展示がある。

滝田さんが犠牲者供養と残された人たちの希望のためにと制作した。

物販の出品については、今後も希望を募る。

開館時間午前11時から午後7時(月曜定休)

この辺りの地図


大きな地図で見る